Switch「本体が高温になりすぎたためスリープします。」の対処法

ゲーム

Switchには本体の温度が高くなった時、それ以上温度が高くなって故障しないように強制的にスリープする機能があります。

特にフォトナのような処理が重いゲームで起こる可能性が高いです。

ゲーム中に突然スリープされるのはかなりイライラしますよね。

そのため、この記事ではこのエラーをできる限り表示させないようにするための方法を紹介したいと思います。

簡単なやり方ですが効果は大きかったので、皆さんもぜひ試してみてください!

なぜ強制的にスリープされる?

先ほど書いた通り、高温になりすぎてSwitch本体が故障してしまうのを防ぐためにあります。

基本的にPCやゲーム機など複雑な電子機器は熱くなるものです。

そしてSwitchは本体の温度を下げるために外部の冷えた空気を使っています。

どうやってエラーをなくす?

吸気口を開ける

効果:★★★★☆ 4/5

とてもおすすめ!

Switchには吸気口が2つ、排気口が1つあります。

本体上部に温まった空気を出す排気口、下部二つに空気を入れる吸気口があります。

ここが塞がれていたり、ホコリが詰まっていたりすると熱が外に逃げず本体の温度が上がってしまいます。

保冷剤を使う

効果:★★★☆☆ 3/5

試す価値アリ!

Switchの周りの温度を下げることでSwitchの温度を下げることができます。

Switchの後ろ側に保冷材など冷えたものを置いてください。

エアコンをつける

効果:★★★★☆ 4/5

かなりおすすめ!

部屋が暑いとSwitchも必然的に熱くなってしまいます。

部屋の温度を下げることで改善する可能性があります。

扇風機を当てる

効果:★★★☆☆ 3/5

試す価値アリ!

エアコンほどではありませんが、わざわざエアコンを付けたくない人は扇風機を直接当てても効果があり可能性があります。

修理に出す

効果:★★☆☆☆ 2/5

他の解決法があればそれを優先しよう

インターネットで修理の予約ができます。

オンライン修理受付|サポート情報|Nintendo
ゲーム機やソフトの修理をインターネット上で受付する「オンライン修理受付」のページです。

オンラインで修理の予約をすると5%割引することができます。

メールで修理の状況を確認できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました