スリープ時間を設定する方法【Windows11】

PC

本記事ではWindows11でのスリープ設定のやり方を紹介します。

勝手にスリープしてしまったり、逆にスリープさせたい場合に有効です。

推定所要時間:1分~10分

設定を開く

タスクバー左の「スタートボタン」をクリックして「設定」アイコンをクリックして設定画面を表示させます。

電源設定

右側のリストの中の「電源&バッテリー」をクリックしてください。

画面とスリープ」をクリックして詳細を開きます。

するとスリープまでの時間を指定する項目が表示が現れるので、設定していきます。

設定項目

項目
バッテリー駆動時ACアダプタに接続されていない状態
電源接続時ACアダプタに接続されている状態

画面がオフになる時間とスリープになる時間が異なる警告

画面とスリープ」内で、バッテリー駆動時と電源接続時それぞれの「次の時間が経過した後に画面の電源を切る」と「次の時間が経過した後にデバイスをスリープ状態にする」の設定値が異なると「画面がオフになる時間とデバイスがスリープ状態になる時間が異なる為、より多くの電力が使用される可能性があります。」という警告が表示されます。

直し方はとても簡単です。

警告右にある「両方の時間指定を同じにしてください」をクリックするか、手動でそれぞれの時間をそろえるだけです。

以上でスリープ時間の設定が完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました