【flutter】国選択画面を自動で表示してくれるcountry_picker紹介

プログラミング

country_pickerというパッケージを使用することで自分で独自の国一覧を作る必要がなくなります。

country_picker | Flutter Package
A flutter package to select a country from a list of countries.

インストール

以下のコマンドでパッケージのインストール&アタッチを行います。

$ flutter pub add country_picker
$ flutter pub get

宣言

country_pickerをdartファイルで使えるようにします。

 import 'package:country_picker/country_picker.dart';

使用

あとはshowCountryPickerを用いて表示させるだけです。

showCountryPicker(
  context: context,
  showPhoneCode: true, // optional. Shows phone code before the country name.
  onSelect: (Country country) {
    print('Select country: ${country.name}');
  },
);

上のコードは選択された国名を出力します。

Countryクラス

Country.name

国名を返す

Country.code

国番号(日本は+81)を返す

コメント

タイトルとURLをコピーしました