Admobの本番広告が待ってもなかなか表示されないときの解決策

Unity

はじめに

広告を表示するサービスとしてUnity AdsやAdmobなどがありますが、AdmobはUnity Adsに比べて初期設定が少しめんどくさいのが難点です。

Admob広告が表示されない原因はいろいろありますが、どれも心当たりがない時にチェックしてほしいところがあります。

それがapp-ads.txtです。

app-ads.txtを公開

app-ads.txtとはウェブ広告枠をアドフラウドから守るためのツールです。これを公開することによってアプリの信頼度を上げることができます。

app-ads.txtを作成

Google Admobのコンソール画面を開き、アプリ>すべてのアプリを表示をクリックしてアプリ一覧を表示します。

そして、APP-ADS.TXTをクリックします。「APP-ADS.TXTの設定方法」をクリックして表示される画面に従い、app-ads.txtファイルを作成します。

作成したテキストファイルは後で使うのでとっておきます。

app-ads.txtを公開

app-ads.txtはルートドメインに配置しなければいけないのですが、独自ドメインを持っていない人はこれだけのためにドメイン取得するのはコストがかかってしまうので、無料のFirebaseのHostingを使用してドメインを取得します。

CLIのインストール

以下の公式リファレンスのステップ1を参考に、CLIをインストールしてください。

Firebase Hosting を使ってみる

Firebaseプロジェクトの作成

すでにFirebaseプロジェクトを作成している方は次に進んでください。

まだ作成していない方は、Firebaseコンソールから新プロジェクトを作成してください。

Firebaseの初期化

無事インストール/アップデートが完了したらコマンドプロンプトを開きます。

まずFirebase loginを実行してログインします。

ログインが無事終了したら

Firebase initで初期化します。

すると以下のような画面が出るのでそのままエンターキー。

C:\Users\yukik>Firebase init

     ######## #### ########  ######## ########     ###     ######  ########
     ##        ##  ##     ## ##       ##     ##  ##   ##  ##       ##
     ######    ##  ########  ######   ########  #########  ######  ######
     ##        ##  ##    ##  ##       ##     ## ##     ##       ## ##
     ##       #### ##     ## ######## ########  ##     ##  ######  ########

You're about to initialize a Firebase project in this directory:

  C:\Users\yukik

Before we get started, keep in mind:

  * You are initializing your home directory as a Firebase project directory
  * You are initializing within an existing Firebase project directory

? Are you ready to proceed?



ここで「You’re about to initialize a Firebase project in this directory: 」の下に書かれているディレクトリパスを覚えておいてください。デプロイする際に使用します。

すると下のように、選択画面が出るので Hosting: Configure files for Firebase Hosting and (optionally) set up GitHub Action deploys を選択します。

? Which Firebase features do you want to set up for this directory? Press Space to select features, then Enter to confir
m your choices. (Press <space> to select, <a> to toggle all, <i> to invert selection)
>( ) Realtime Database: Configure a security rules file for Realtime Database and (optionally) provision default instanc
e
 ( ) Firestore: Configure security rules and indexes files for Firestore
 ( ) Functions: Configure a Cloud Functions directory and its files
 ( ) Hosting: Configure files for Firebase Hosting and (optionally) set up GitHub Action deploys
 ( ) Hosting: Set up GitHub Action deploys
 ( ) Storage: Configure a security rules file for Cloud Storage
(Move up and down to reveal more choices)

キーボードの矢印キーを押して移動し、スペースキーで選択します。エンターキーで決定です。

以下の画面がでるのでそのままエンター。

? What do you want to use as your public directory? (public)

これもそのままエンター。

? Configure as a single-page app (rewrite all urls to /index.html)? (y/N)

そのままエンター。

? Set up automatic builds and deploys with GitHub? (y/N)

エンター。

? File public/404.html already exists. Overwrite? (y/N)

エ。

? File public/index.html already exists. Overwrite? (y/N)

以下の画面が表示されたら成功です。

i  Writing configuration info to firebase.json...
i  Writing project information to .firebaserc...

+  Firebase initialization complete!

プロジェクトの選択

ホストするプロジェクトをここで決めておく必要があります。

以下のコマンドでログインしているアカウント内にあるプロジェクトのリストを表示します。

PS C:\Users\ユーザー名> Firebase projects:list

すると表が表示されると思いますが、デプロイしたいプロジェクトの「Project ID」をクリップボードにコピーしておいてください。

コピーが完了したら次のコマンドを実行してください。

PS C:\Users\ユーザー名> Firebase use コピーしたID

これでプロジェクトの選択の完了です。

ディレクトリの準備

初期化したときに表示されたプロジェクトのディレクトリ(public)をエクスプローラーで開いてください。

特にディレクトリ移動していない方はC:\Users\ユーザー名\publicにあると思います。(少なくとも僕の環境では)

その中に、最初に作ったapp-ads.txtを入れてください。

そしてpublicディレクトリにあるindex.htmlを編集します。index.txtにリネームしてメモ帳を開きます。以下のように編集してください。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="refresh" content="app-ads.txt">
</head>
</html>

書いたらindex.htmlとして保存してください。

デプロイする

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行してください。

C:\Users\ユーザー名> Firebase deploy

無事 complete!と表示されたら成功です!

app-ads.txtの確認

最後に、app-ads.txtの確認とストアページへの貼り付けを行います。

FirebaseコンソールのプロジェクトページからHostingを選択します。

ドメインが書かれたページが表示されるのでプロジェクトID.web.appもしくはプロジェクトID.firebaseapp.comをクリックしてください。

空白のページに飛ばされると思うので、 プロジェクトID.web.app/app-ads.txtもしくは プロジェクトID.firebaseapp.com/app-ads.txtと入力します。

これをコピーしてください。

Admobページで取得したコードが表示されていれば無事に公開できています。

ストアページに記入

最後に、Google Play Consoleからリンクを誘導させます。

アプリの管理ページに行きます。「ストアの表示」>「ストアの設定」から「ウェブサイト」にURLをペーストしてください。

完了したら公開してください。

これでapp-ads.txtの公開が完了しました。数日ほど待つとAdmobのapp-ads.txt管理ページで認知されていると思います。

最後に

Admobは他のサービスに比べて収益が発生しやすいメリットがありますが、初期設定がめんどうだったりなかなか表示されなかったりと少々不便なところがあるように感じます。

しかし天下のGoogleなので広告数が莫大なのが強みですね。これは無視できないメリットですね。

また、Admobと並行してUnity Adsを導入することもおススメ出来ます。片方のサービスの広告配信制限に引っかかってしまった際、その間は広告が表示されなくなってしまうので複数のサービスを準備しておくことをお勧めします。

Unity Adsはとても簡単に始められます。以下を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました