有線イヤホン vs ワイヤレスイヤホン: どっちを選ぶ?

カテゴリなし
カテゴリなし

新しいイヤホンを購入する際、有線式にするかワイヤレス式にするか悩むことがあります。どちらも長所と短所があるので、どちらが自分に合っているのか判断するのは難しいかもしれません。このブログでは、有線イヤホンとワイヤレスイヤホンを比較し、どちらが自分に合っているのかを判断するお手伝いをします。

有線ヘッドホンの利点

有線ヘッドホンの利点から始めて、次の点で勝ちます。

価格

有線ヘッドホンはワイヤレスヘッドホンよりも安価です。予算が限られている場合は、有線モデルを購入して標準のパフォーマンスを入手してください。同じ価格でワイヤレスモデルを購入すると、代わりに、より多くの電力、より多くの抵抗、耐水性、ノイズキャンセル技術、より良いオーディオ品質などの他の追加機能があります。

バッテリー

有線モデルとは異なり、ワイヤレスイヤフォンは充電が必要です。そのため、スマートフォンやmp3プレーヤーのバッテリーを考慮するだけでなく、外出先で音楽を聴きたい場合も考慮する必要があります。多くの人は充電するのを忘れており、使用できないことに気付いたときは、古き良き有線ヘッドホンを携帯したいと思っています。

抵抗

デバイスが複雑になるほど、洗練されたものになります。同じことがワイヤレスイヤフォンにも当てはまります。有線と比較して、無線にはバッテリーに加えてより多くの内部システムが含まれています。これは、地面に落ちた場合に壊れやすくなることを意味します。デバイスに接続するワイヤーがないという事実は、ワイヤードヘッドホンほど安全ではないという印象を与えます。

ワイヤレスヘッドホンの利点

それでは、ワイヤレスヘッドホンが有線ヘッドホンよりも優れているところを見てみましょう。

運動の自由

有線では、デバイスに近づく必要があります。離れる必要がある場合は、それらを取り外すか、デバイスから取り外す必要があります。ワイヤレスヘッドホンでは、この問題は発生しません。 Skypeで話したり、映画を聴いたりしながら、いつでも起きて部屋を変えることができます。動きの自由は、彼らをスポーツ選手の選択の類型にしているものです。

実用性

ワイヤーがないと、ワイヤレスイヤフォンが絡まったり、絡まったり、衣服に引っかかったり、雑然としたりすることはありません。何もないように思えるかもしれませんが、多くのユーザーは、ケーブルを解くのに何時間も費やすことなく、すぐに音楽を聴くことができて満足しています。文字列とのペアを使用すると、これらすべてが発生する頻度がすでにわかっています。

互換性

ワイヤー付きのヘッドホンは、ジャック付きのデバイスにのみ接続できますが、前述のように、ケーブルを使用すると、オーディオソースに近づく必要があります。同じソース(少なくとも最新のもの)は、ほとんどの場合、ワイヤレス接続を備えています。ワイヤレスのものはとにかく接続し、ユーザーがデバイスのソースから可能な限り離れることを可能にします。

結論

有線および無線のイヤフォンの長所と短所を見て、好みに基づいて決定できるはずです。ワイヤレスモデルを購入して、これまでに試した有線モデルとの違いを自分でテストすることもできます。アイデアが気に入ったら、Huawei製品を検討することができます。FreeBuds Pro 2 価格とクリアな音質で最適です。買って後悔はさせません。


icon

やばツイ速報

キ〇ガイ,ツイフェミ,おぢさん構文などヤバいツイートだけのタイムラインを見てみよう


yukiをフォローする
Yuki !T

コメント

コメント投稿前に必ずプライバシーポリシーを確認してください。

タイトルとURLをコピーしました