病院でもぶつからずに配膳出来る優れたLuckiBot ロボット

カテゴリなし
カテゴリなし

人間に変わりロボットが活躍する分野が広くなってきました。例えば配膳ロボットです。料理を運ぶのは意外と体力を使うので、ロボットに配膳を任せているレストランもあります。ロボットによる配膳はレストラン以外でも病院で導入される例も増えてきているのです。

医療現場でロボットを導入するメリット

実際に入院したことがある人、そして医療関係のお仕事をした事がある人であればわかると思いますが、病院内での配膳は結構時間もかかるし体力も消耗する大仕事。病床数が多い病院の場合は、患者さんへの配膳を行うだけでもかなりの時間を要します。そして緊急の対応などで人手が足りないこともあると、更にスタッフの数が減ることも。そんな問題点を解消するために、配膳ロボットを導入する医療機関も出てきています。病院では食事の配膳の他にも、かさばる資料を挟んだファイルの移動を行ったりと利用範囲も幅広いです。ロボットが病院への導入にも優れている点として、ぶつからないように配慮されている安全設計がポイントの1つ。患者さんや医療スタッフとぶつからないように計算しながら移動していきます。

LuckiBot ロボットは医療現場でも優れたパフォーマンスをしてくれる

医療現場でのロボット導入を検討しているならORIONSTARのLuckiBot ロボットをチェックしてみてください。落ち着いた色合いのデザインなので、院内で移動しても違和感ありませんし、食事の時間は配膳の手伝いも可能です。感染症対策として、防塵カバー付きのバージョンもありますので、状況に応じて導入できます。

重たいものを運んでも疲れない

そしてLuckiBot ロボットは、棚の段数を調整でき、40㎏までの積載が可能なので、食事の時間以外は重たい資料やファイルを運ぶお手伝いをするのも可能。いくら重たいものを運んでも休憩する事もないので、黙々と仕事をこなしてくれます。

ぶつからない安全性重視の設計

複数台導入しても、自律走行ナビゲーション機能が搭載されているので、他のロボットや医療スタッフ、患者さんの動きを感知して安全なルートを計算して走行してくれます。たまたま見かけたお子さんにとってもロボットは気になる存在。ロボットが仕事をしている病院としての注目度も高まるかもしれません。

最後に

LuckiBot ロボットについての詳細は、ORIONSTARのサイトからどうぞ。LuckiBotロボットのようなAIロボットは、レストランでの食事の提供から病院での指導、その他多くの業界での指導まで、私たちの生活の中でますます重要な役割を果たしています。それらをうまく活用すれば、私たちの日常生活は日々より簡単で幸せになるでしょう。


icon

やばツイ速報

キ〇ガイ,ツイフェミ,おぢさん構文などヤバいツイートだけのタイムラインを見てみよう


yukiをフォローする
Yuki !T

コメント

コメント投稿前に必ずプライバシーポリシーを確認してください。

タイトルとURLをコピーしました