レストランサービスロボットで飲食店の人手不足を解決できる!現状と陥る原因を解説

カテゴリなし
カテゴリなし

現在、レストランなどの飲食業界の人手不足は危機的問題となっています。実際約8割の飲食店が人手不足で困っています。この記事では、レストランの人手不足の現状と人手不足になる理由、おすすめの解決策をご紹介します。

飲食業界の人手不足の現状

帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)」によると、人手不足を感じている飲食店が多くあります。正社員はもちろん、飲食店で働くスタッフの大半を占めるパートやアルバイトなどの非正社員が不足していると感じている飲食店は84.1%に上ります。

全業種で人手不足を感じているのが34.4%なので、いかに飲食店が人手不足で悩んでいるのかが分かります。人手不足に陥ると、お店が回らなくなり、最悪の場合閉店に追い込まれることもあります。またサービスが行き届かずに、クレームが増えたり、売上の低下にもつながる危険に陥る可能性があるのです。

レストランが人手不足に陥る原因

レストランなどの飲食店は、なぜこんなに人手不足になっているのでしょうか。ここでは、飲食店が人手不足に陥る原因をご紹介します。

不規則になりがちなシフト

レストランの多くは、シフト制を採用しています。また、お店の混雑具合も予測が難しいことから、シフトが不規則になりがちです。特に人手が足りないと、組まれていたシフトより長い時間働いたり、閉店時間が過ぎてもお客さまがいるから帰れなかったりすることがあります。

またシフト通りに入れなかったり、他のスタッフとの兼ね合いで急に変更しないといけなかったりすると、嫌になって辞めるケースもあります。

人手不足になる休暇の減少

人手不足になると、1人あたりの働く時間が増えてしまいがちです。数少ない人員でシフトを埋めなければいけないため、結果的に一人の負担が大きくなり、長時間労働も強いられるようになります。

長期的に働くことを前提としていない

飲食店で働くスタッフの多くは、パートやアルバイトなどの非正社員です。特に、学生のアルバイトなどは、長期間働くことを前提としてないため、短い期間で辞める人がいます。またパートやアルバイトなのに、正社員と同等の働き方を求められたら、不平不満が生まれ辞める人もいます。

求人を出しても人が集まりにくい

飲食業は、肉体労働が多く接客を伴うため、人によっては長続きしない業種です。そのため、求人を出してもなかなか働き手が見つからない状況が続ているケースも見られます。

解決:人手不足を解決するならレストランサービスロボットの導入がおすすめ

レストラン サービス ロボットとは、お客さまの配膳や席への案内などの作業をしてくれるAI搭載のロボットです。AIを駆使しているので、日々学習し、人間と同等の作業を行ってくれます。

レストランサービスロボットを導入するなら、ORIONSTARの「Lucki」がおすすめです。「Lucki」には、配膳モードやプロモーションモード、案内モードの便利なモードが複数内蔵されています。「Lucki」を使うことで、料理の配膳、テーブル案内、モニターでのプレゼン、店外での集客を担ってくれます。

これらの作業を人に変わって「Lucki」がしてくれれば、人手不足問題が解決につながるのです。ORIONSTAR「Lucki」について、詳しく知りたい方は、公式サイトを是非チェックしてみてください。


icon

やばツイ速報

キ〇ガイ,ツイフェミ,おぢさん構文などヤバいツイートだけのタイムラインを見てみよう


yukiをフォローする
Yuki !T

コメント

コメント投稿前に必ずプライバシーポリシーを確認してください。

タイトルとURLをコピーしました