【Windows11】好きな場所をスクリーンショットできるSnipping Toolの紹介

PC

Windows11で画面の指定位置をキャプチャできるアプリが存在します。

その名も「Snipping Tool」。

本記事ではこのソフトについて詳しく書いていきます。

キャプチャ

Snipping Toolの一般的な使い方を紹介します。

タスクバーにある検索ボタンやスタートボタンを押して「snipping tool」と検索します。

そして表示された「Snipping Tool」をクリックします。

Snipping Toolが起動するので左上の「+新規」で撮影を開始します。

このボタンを押したタイミングで画面が止まります。

すると画面が暗くなるので、撮影したい場所を指定します。

クリック開始位置が写真の左上角になります。

マウス長押しを離すと画像の確認画面になります。撮影した写真でOKであれば右上の保存ボタンをクリックします。

これで部分的なキャプチャができました。

時間指定でキャプチャ

Snipping Toolには時間指定で撮影する機能があります。

「+新規」ボタンが押せない状態でも、この機能があれば撮影の効率が上がります。

やり方はかなりシンプルで、タスクバーの「Snipping Tool」を右クリックするだけです。

「3秒後に新しい切り取り」「10秒後に新しい切り取り」などから選択することができます。

ショートカット

わざわざソフトを立ち上げなくてもショートカットキーで撮影を始めることができます。

ショートカットキーは以下です。

Windows + Shift + S

これによって、瞬時に撮影が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました